The 1st After NAB Show Tokyo 2013

After NAB Show Tokyo 2014 及びOsaka 2014開催のお知らせ

After NAB Show Tokyoは昨年、東京・秋葉原で第一回を開催し、
1,300名を超える来場者を集め、盛大に催されました。
今年はさらに会場を移して展示エリアを拡大して開催します。

After NAB Show Tokyo 2014
After NAB Show Osaka 2014
The 1st After NAB Show Tokyo 2013にご来場いただき、誠にありがとうございました。
今回の入場者数は1,360名でした。
2014年の開催についてはあらためてご案内いたします。
来年もAfter NAB Showへのご来場をお待ちしいたしております。

NAB初の公認イベント開催

 世界最大の放送業界のイベント「NAB Show」の出展企業約20社が参加し、NABにおける出展内容のセミナーと製品展示を行う「The 1st After NAB Show Tokyo 2013」を、5月31日(金)、東京・秋葉原の富士ソフト「アキバプラザ」で開催します。
 4月8日から11日に米・ラスベガスで開催されたNAB Showの主催団体、NAB(National Association of Broadcasters)の公認イベントとしては、日本で初の開催となる。
 NAB Showで出展した最新情報を一堂に集め、日本国内のユーザに紹介いたします。

業界のトレンドが見えるNAB Show

 NAB ShowのExhibition(展示会)は米国のみならず、世界市場を対象にした最新の放送・映像・音響機器が集まる展示会として、日本からも毎年多くの業界関係者が参加します。4月のNAB Showで発表・参考出展された製品はその後、9月に開催される欧州最大の放送機器展「IBC」(オランダ)や、本年は11月13日から15日まで、幕張メッセで開催されるアジア最大の音と映像と通信のプロフェッショナル展である「Inter BEE」で具体的な製品として紹介されます。NAB Showで紹介される内容は、世界市場における放送・映像機器のトレンドを占う重要な情報となっております。

日本開催ならではの情報が盛りだくさん

 今回のAfter NAB Showでは、そうした最新の傾向を象徴する製品が各社から紹介されるほか、日本市場へのリリースの時期や価格など、NAB Showでは明かされなかった日本開催ならではの情報なども提供される予定。さらに、放送・映像機器に詳しいジャーナリストや、映像制作のプロによるNAB Show報告なども同時に開催し、NAB Showの最新動向が把握できます。
 皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。



開催概要

期日 2013年5月31日(金)10:00-19:00
場所 東京・秋葉原「富士ソフト アキバプラザ」
主催 NAB日本代表事務所(映像新聞社)
運営 一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会(Inter BEE事務局)
協賛 富士ソフト株式会社
クリスティ・デジタル・システムズ
入場料 無料(登録制)
企画構成 (1)展示&ミニプレゼン: ユニットブース展示
(2)Half Day セッション: 半日利用のプレゼンテーション参加
(3)30分プレゼンセッション: 30分単位のシアター利用参加
(4)スイートルーム: 個別商談デモルーム参加
お問合せ先 一般社団法人 日本エレクトロニクスショー協会
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル
TEL:03-6212-5231 FAX:03-6212-5225
E-mail:


イベントプログラム

各セッションの参加は下表のタイトルをクリックして予約してください。

展示
アキバプラザ5階
10:00-19:00 アドビシステムズ
◆Adobe Premiere Pro CC 4K映像編集システムほか
4K@60pでの3G-SDI出力に対応する、Adobe Premiere Pro CC編集システムをご紹介します。
ヴィレッジアイランド
◆DekTec DTU-351“USB-3 HD-SDI入力インタフェース”
◆上記関連ソフトウェア(SDI計測、キャプチャ、エンコード)
◆Thomson VS7000 OTTエンコーダーによるHEVC 4Kデモンストレーション
NAB 2013 Pick Hit Awardを受賞したDekTek社のコンパクトなSDI入力インタフェースは、放送局やポストプロダクションのエンジニア向けのターンキーとして、手軽に利用ができる製品。付属のSDI計測ソフトウェアによるフルフレーム解析やキャプチャ、エンコードが可能で、マーケット上の一般的なPCで手軽に環境を構築できる。
また、Thomson社のVS7000 OTTエンコーダーによるHEVC圧縮、4Kデコード、マルチスクリーン配信のデモも行う。
エーディテクノ
◆日本初上陸超小型軽量コンバーター・撮影用フィールドモニター新製品
・日本初上陸 コンパクトコンバーター「M_HH」・「M_SH」のご紹介
・マルチ入出力フィールドモニター「CL76シリーズ」のご紹介

超小型軽量コンバーター「M_HH」(HDMI→SDI変換)と、「M_SH」(SDI→HDMI変換)を展示致します。
68mm×59mm×18.6mm、95gと携帯性に優れながら、1080iスケーリング出力機能を搭載。様々な入力フォーマット、広範囲な入力電圧に対応した高汎用な製品です。
またご好評頂いております7インチ撮影用フィールドモニター「CL76シリーズ」とその後継品を展示致します。
高画質IPS液晶パネルを使用、またマルチ電源入力対応により、場所を選ばず、あらゆるシチュエーションにてお使い頂けます。
ハイエンド向けの機能を搭載しておりますが、お求めやすい価格で入手が可能となっております。ぜひお立ち寄り下さい。
オートデスク
◆Autodesk Smoke 2013 (Mac用ビデオ編集・合成フィニッシングソフトウェア)
After NABのオートデスクブースでは、Autodesk Smoke 2013をご覧いただけます。
昨年の12月発売以来、世界中で大きな反響を巻き起こしている映像編集フィニッシングソフトウェア、Autodesk Smokeの最新情報をご提供します。昨年の発売前、フリーダウンロードで提供していたSmoke 2013プレリリース版は全世界で40,000ダウンロードを達成し、現在では世界中の多くの方が使用しています。NABブースで紹介された最新のデモコンテンツにてSmokeのビジュアルエフェクトパワーと魅力をブースで御確認いただけます。ぜひお立ち寄りください。
キヤノンマーケティングジャパン
◆CINEMA EOS SYSTEM (EOS C100 / EOS C300 / EOS C500 / EOS-1D C / EF シネマレンズ)
◆業務用ビデオカメラ: XA25(新製品) / XF105 / XF305
◆4Kレコーダー:アストロデザイン社製 HR-7510 / Codex 社製 Onboard S / AJA社製 Ki Pro Quad
共信コミュニケーションズ
◆4K関連製品 PMW-F55/AXS-R5/LS-750/850 他
◆XAVC関連製品 XDS-PD2000(XDBK-106)他
4Kローコスト光伝送システムと、XDCCAMステーションを使用した編集ワークフローの展示を行います。
販売とレンタルで最新の4K環境をご提供させていただきます。
クローク
◆トライキャスターを備えたライブ配信スタジオ「Ustream Studio+ 恵比寿」
イベント、ライブ放送、ストリーミング放送、社内会議、セミナー、企業PR、商品説明、記者会見などの様々なコンテンツのインターネットライブ配信をサポー トしております。「TriCaster(トライキャスター)」を複数台有し、ハイクオリティな番組制作を可能とし、高画質安定配信を特徴としております。 また、「ライブスタジオ恵比寿」の運営も行っており、ライブスタジオの開設コンサルティングや運営サポートも行っております。 サービス開始から3年間で500件以上のインターネットライブ配信の実績がございます。
ジャパンマテリアル/マトロックス
◆Full4K 60pc再生ビデオボード「Matrox Mojito 4K」
◆H.264での配信・録画同時対応デバイス「Matrox Monarch HD」
Full4K(4096×2160) 60pの再生が可能なビデオカード「Matrox Mojito 4K」のデモを行います。NLE SWは最新のAdobe Creative Cloudを、4Kモニターはソニーの「PVM-X300」を使用します。
また新製品「Matrox Monarch HD」を紹介します。本製品はHDMI入力を簡単にH.264で配信・録画を同時に実現するデバイスです。ビットレートは配信・録画それぞれ別々に調整可能。筐体は小さく軽くて丈夫なポータブルタイプで、配信用PCも録画用PCも必要ありません。
住友電気工業
◆Thunderboltケーブル, 細径Thunderboltケーブル
◆Thunderbolt光ケーブル
住友電気工業株式会社は、Thunderboltケーブルのパイオニアです。双方向10Gbpsの超高速伝送で、快適な編集作業に貢献するThunderboltケーブル(0.3m~3.0m)及びThunderbolt光ケーブル(10m, 20m, 30m)を展示します。Thunderbolt光ケーブルは2012年12月に世界初の認証を取得、2013年5月現在唯一の認証メーカーです。端末コネクタ内に光電変換機能を内蔵しており、曲げに強く、ピンチや結びにも耐え、メタルケーブルのように取扱いが簡単なことが特徴です。又、新製品の細径Thunderboltケーブルも日本で初出展致します。現行品の4.2mmから3.2mmへと外径は1.0mm細く、断面積比では約42%減となります。細径化することで、柔軟性が増しており、利便性にもたいへん優れています。また、機能面では従来品と同等の10Gbpsの高速伝送の仕様を満たしています。
ディストーム
◆TriCaster 8000
◆3Play 4800
NAB2013において、NewTek社が発表致しました、スローモーションリプレイシステム3Play の最新機種「3Play 4800」の日本国内販売開始とともに、初出展いたします。
2系統の映像を同時再生させながら高度なビジュアルエフェクトを利用したライブでのリプレイスイッチング、メタデータを利用したコンテンツ管理とプレイリストの作成、さらにソーシャルメディアパブリッシング機能など、多彩な機能をひとつのターンキーシステムです。
また、すでに販売を開始しご好評をいただいております、ライブ放送用のスイッチャー、テロップ、ビデオエフェクト、デジタルディスクレコーダ、PC画面入力、バーチャルセット、キャラクタージェネレータ、ライブエンコーダなどの機能が1台のターンキーシステムで実現可能なTriCasterシリーズの最上位機種「TriCaster 8000」も併せて展示致します。
是非、ご来場いただき、その機能を実感頂ければ幸いです。
フォトロン
◆Avid Media Composer 7.0
◆BMD DaVinci Rsolve 10
フォトロンでは、NAB2013にて発表された2製品をご紹介いたします。
業界標準のノンリニア編集システムAvid Media Composer7.0 においてAMAメディア管理・Symphony カラーコレクションツールなどの新機能
オンライン・フィニッシング機能を実装かつOpenFXプラグイン、また4Kにも対応のカラーグレーディングシステム:DaVinci Resolve10をご披露致します。
また、併せて弊社の取扱い各製品のNAB2013速報もご紹介致します。
ぜひお立ち寄りください。
富士フイルム
◆Image Processing System IS-100 & IS-mini
ISシリーズは、米国・映画芸術科学アカデミーが策定した色管理に関する「ACES規格」に準拠した初めてのデジタル映像撮影現場向け色管理システムです。富士フイルムが映画フイルムや写真・印刷分野で培った色再現技術とカラーマネージメント技術を応用し、デジタルシネマカメラの撮影現場での、高精細な色調整及びプレビューを実現しました。IS-100は、高速かつ高精度な画像処理を実現する本体となっており、iPadをコントローラーにし、撮影映像の色味や彩度、コントラスト等を直観的な操作で簡単に調整できます。またIS-miniは、複数台のカメラで撮影を行う現場において、同時に複数の異なったモニター環境でも、色味等の調整を行った最終映像を確認する事が可能です。
ブラックマジックデザイン
◆Blackmagic Production Camera 4K
◆Blackmagic Pocket Cinema Camera
◆DaVinci Rsolve 10
◆ATEM Production Studio 4K
◆Blackmagic Audio Monitor
ブラックマジックデザインでは、本年のNAB2013に於いて「Ultra HD」および「6G-SDI」をテーマに、Ultra HD 4Kに対応した新製品を数多く発表いたしました。これらの製品はすべて、1本の標準のSDIケーブルでUltra HD信号を送信可能な6G-SDI接続を採用しており、会場で大変話題を集めました。今回のショーでは、ATEM Production Switcher 4KやBlackmagic Production Camera 4Kなど、Ultra HD 4K ワークフローを支える製品群をご紹介いたします。また、大きな注目を集めた小型シネマカメラのBlackmagic Pocket Cinema Camera や、オンセットグレーディング機能や編集機能が充実したDaVinci Resolve 10などもご紹介いたします。
平和精機工業
◆RS-250R、RSP-750C、RSP-850MC(三脚)
◆Sony DSR-400(カメラ)
従来からご好評いただいている三脚「RS」と今年3月から新発売となった「RSPLUS」の展示を行います。-40℃~+60℃までパン・ティルトの動きにほとんど影響がでない耐温度性能に加え、どのティルト角度でもロックなしでカメラを静止させることができる無段階カウンターバランスシステムを搭載した高性能、ハイコストパフォーマンスな三脚となります。是非ご体感ください。
報映産業
◆FilmLight BaseLight for Avid
カラーグレーディングシステムとして、最高峰に位置するFilmLight社のBaseLightのAvid用プラグインソフトウェアです。従来からMacintoshプラットフォームでのFCP7やAvid for Macのプラグインはラインアップされていましたが、満を持してWindows版が登場しました。日本市場では、圧倒的な市場占有率を誇るWindows版 Avidにもいよいよ対応です。その機能はハイエンド向けのBaseLightの機能をほとんど網羅しているにも関わらず、お手軽価格で入手が可能です。BaseLightのオフラインググレーディングとしての利用はもちろんの事、Avidでのフィニッシング用カラーグレーディングツールとしても利用可能です。その操作性を実感してください。
三友
◆RadiantGrid / WohlerCoder / WohlerConverter
最速のトランスコードを実現するファイルベースソリューション
メディアトラバースキャムキャスト7三友
◆Teradek無線映像伝送ソリューション
CubeでおなじみのTeradek社から新商品を中心にご紹介します。
(1)1080p60対応5Ghz非圧縮無線映像伝送装置BOLT
(2)3G/4G BondingソリューションBOND新シリーズ
(3)CDN配信用低価格ユニットVidiU
ランサーリンク
ローランド
◆VC-1シリーズ ◆V-800HD ◆V-40HD ◆R-88
NAB発表の新製品コンパクト高画質コンバータ「VC-1シリーズ」、好評のマルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー「V-800HD」「V-40HD」。バージョン・アップでさらに使いやすくなった8ch入力+ステレオ2chミックス同時録音可能なポータブル・レコーダー「R-88」を展示。
スイート展示
アキバプラザ5階
10:00-19:00 アスク
◆AJA:Ki Pro Quad, ROI, Hi5-4K,
◆GB Labs:Space シリーズ(Space, Mini Space, Midi Space)
◆Cache-A:Cache-A LTO-5/6 ラインナップ
◆G-Technology:G-DOCK ev™ with Thunderbolt™, G-RAID with Thunderbolt™
NABで発表された最新製品を中心に、4K関連製品や Thunderbolt対応製品、LTO-6アーカイブなど最新のテクノロジーを扱う製品ラインナップを一同に展示します。
AJAは、4K/Quad HD/2K/HD ソリッドステート・レコーダー「Ki Pro Quad」を筆頭に、 驚異的な画像スケーリング 機能を持つポータブルなDVI/HDMI→SDI変換「ROI」やシンプルな 4K SDI→4K HDMI 変換「Hi5-4K」など、最新のコンバーター製品も展示されます。
Cache-Aは、LTFS拡張機能を搭載したLTO-6アーカイブアプライアンスの新ラインナップを展示。GB Labsは、最新ラインナップと新たなストレージ OS「Core v3」の紹介。
G-Technologyは、Thunderbolt™またはUSB3.0対応のデスクトップRAIDストレージ「 G-DOCK ev™ with Thunderbolt™」や「G-DRIVE ev」、「G-RAID with Thunderbolt™」などが展示されます。
最新の製品や最先端の映像制作ソリューションをこの機会に是非、ご覧ください。
西華デジタルイメージ
◆codex「Onboard S plus Recorder」「The Vault」
◆Pandra「Pruto」「4K Pluto」
ファイルベースワークフローの中でOn-Setにフォーカスしたワークフローアアプリケーション、ユニット関連のプレゼンテーションをさせていただきます。
主な展示内容として、
・ C500のRAW収録に対応したレコーダーonboard Sと様々なファイルベースカメラRAWメディアのバックアップ、エンコード等の作業を自動化したユニットThe Vault.の展示説明。
・ 4Kカメラ等のHD-SDI信号を利用し、リアルタイムグレーディング と作成したLUTデーターの出力が可能となったPlutoの展示説明と4K出力に対応した4K Plutoの展示を行います。
ホールプレゼン
アキバプラザ5階
10:00-11:00 NAB Show 2013レポート

映像ジャーナリストの石川幸宏氏と映像新聞 論説委員/日本大学 生産工学部 講師の杉沼浩司の二人が登壇し、NAB Show 2013の展示会場やセッション、ハリウッドのプロダクション関係者のインタビューなどの取材を通じて、映像機器のトレンドや映像制作について対談します。
13:00-15:00
当セッションは、当日受付のみとなります。入場登録をお済ませの上、セッション会場受付にお越しください。
お席には限りがございますので、ご案内できない場合もございますのでご了承ください。
Adobe Video Evolution ver. 4K
アドビシステムズ

このセッションではAdobe Creative Cloudで提供される、最新のアドビ映像制作ツールAdobe Premiere Pro CCやAdobe After Effects CCで構成された、4K映像制作システムを新機能と合わせてご紹介します。また、ポストプロダクションでの導入に関する事例も、ゲストを迎えてお話を伺います。
16:00-19:00
当セッションは、当日受付のみとなります。入場登録をお済ませの上、セッション会場受付にお越しください。
お席には限りがございますので、ご案内できない場合もございますのでご了承ください。
キヤノンマーケティングジャパン

16:00-17:30
EOS C500とAJA社製 Ki Pro Quad による新たな4Kワークフロー
NAB Show2012にて発表となったAJA社Ki Pro Quad。EOS C500の4K映像をオンボードSSDでディベイヤー処理、またはProResエンコード可能なKi Pro QuadがNAB Show 2013でついに出荷開始が発表されました。このコンパクトで多機能なレコーダーがもたらす、あらたなワークフローについてご紹介いたします。
講師:
A-team株式会社 代表取締役 能勢 雄一氏
Cosaelu株式会社 代表取締役 髙野 光太郎氏
(協力)株式会社アスク

18:00-19:00
新型カメラ XA25のインターネットライブ映像配信活用術
4月に発表となった小型軽量の業務用ビデオカメラXA20/XA25。XA10の後継機種として、レンズ、センサー、映像処理プラットフォームを一新。AVCHDに加えてMP4の記録を可能とし、Wi-Fi機能も搭載。またXA25にはSDI-端子も搭載されました。このカメラがもたらすインターネット映像配信の可能性について、HDインターネットライブ映像配信ユニット『LiveNinja』を招いて、現場事例を中心にご紹介いたします。
講師:
HDインターネットライブ映像配信ユニット『LiveNinja』
株式会社ヒマナイヌ 代表取締役 川井 拓也氏
有限会社バッタネイション 取締役 岩沢 卓氏
株式会社スタートライン 代表取締役 駿河 由知氏
シアタープレゼン
アキバプラザ2階
09:30-10:15
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
MOV!

映像制作のプロによる、映像機器・ツールに関する情報配信「MOV!」は、After NABでNAB Show 2013での各社の出展状況などをもとに、映像制作の今後のトレンドを分析する。After NABの最初のプログラムとして、今回のAfter NABにセッション参加・展示会への出展をしている各社の製品を中心に紹介するため、After NABのみどころについても概観できる。
当日は、ライブストリーミング配信も行うほか、アーカイブでの視聴も可能。
10:30-11:00
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
Teradek無線映像伝送ソリューション
メディアトラバース

CubeでおなじみのTeradek社から新商品を中心にご紹介します。
(1)1080p60対応5Ghz非圧縮無線映像伝送装置BOLT
(2)3G/4G BondingソリューションBOND新シリーズ
(3)CDN配信用低価格ユニットVidiU
11:15-11:45
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
Blackmagicdesign NAB 2013 新製品のご紹介
ブラックマジックデザイン

ATEM Production Switcher 4KやBlackmagic Production Camera 4Kなど、6G-SDI / Ultra HD 4K ワークフローを支える製品群、大きな注目を集めた小型シネマカメラのBlackmagic Pocket Cinema Camera、オンセットグレーディング機能や編集機能が充実したDaVinci Resolve 10など、NAB 2013で発表した新製品のハイライトをご紹介いたします。
12:00-12:30
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
Autodesk Smoke 2013の魅力
~Smokeプロモーションショートムービー「FIX IT IN POST」を解説~

オートデスク

NAB 2013のオートデスクブースにて、Autodesk Smoke 2013は何回もデモンストレーションされ、多くの皆様の注目を集めていました。特にNAB直前にウェブで公開開始したSmokeプロモーションショートムービー「FIX IT IN POST」のデモは大人気。After NABではVFX、編集機能などSmoke 2013の魅力をふんだんに取り入れたこのムービーを詳細に解説いたします。ぜひ、ご参加ください。
12:45-13:15
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
Thomson社製品を活用したHEVC 4K/マルチスクリーン・ソリューション
ヴィレッジアイランド

今年のNABでは弊社が日本国内の代理店を務めるフランスのThomson Video Networks社が出展を致しました。Thomson社は、ワールドワイドの放送機器メーカーとして最新技術の研究・開発に力を入れており、今年のNABでのブースではHEVC圧縮、4K解像度、マルチスクリーン配信に関するデモ展示が行われました。
今回のセッションではThomson社から用意されたHEVC関連の技術動向やNABで展示されたデモ内容および構成などをご紹介します。特に、HEVC圧縮、4K解像度、マルチスクリーン配信が可能となるThomson社のVS7000マルチフォーマットトランスコーダに関しては製品のご紹介の他に展示スペースでデモを行います。
13:30-14:45
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
アスク

13:30-14:00
Spaceが導く、映像制作に向けた共有ストレージの在り方
NAB 2013 で発表された Core バージョン 3 を中心に映像制作に特化したNAS ストレージ「Space」をご紹介します。Core V3 は、SPACE のハードウェア・プラットフォームのために最適化された GB Labs のオペレーティングシステムで、パフォーマンスの向上に加え、新たなワークフローや管理ツール、追加のプロトコルやストレージ階層化を実現する、高度に最適化されたストレージ OS です。

14:15-14:45
Cache-Aによる、LTO-6対応の最新LTO アーカイブソリューション
LTFS 拡張機能を搭載し、LTO-6 に対応した全ての LTO-6 アーカイブアプライアンスの新ラインナップをご紹介します。新世代の LTO-6 アプライアンス各モデルは WEBベースのユーザーインターフェース、内蔵カタログデータベース、省スペースな筐体サイズ及びラックマウント方式、そして多様な I/O 接続を装備するため、収録用ポータブルシステムから SAN や NAS を含んだポストプロダクション向け、更にロボット制御システムまで、様々なプロフェッショナル デジタルワークフロー環境への対応を可能にします。
15:00-16:15
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
Media Composer 7発表!高解像度メディアにも対応可能なAvid制作/ポスト・ワークフロー
アビッド テクノロジー

今年のNABにてAvidは、Media Composer 7をはじめInterplay Production 3.0、Interplay Pulse、AirSpeed 5000 v2.5、Avid Motion Graphics 2.5など、プロフェッショナルビデオ編集、アセット管理、マルチ・プラットフォーム・コンテンツ配信、オンエア・グラフィックス制作のための最新ソリューションを発表しました。
Media Composer 7では、ファイルベースのHD素材や2Kおよび4Kといった高解像度ソースのメディアに即座にアクセスできるほか、時間のかかるトランスコードやコンソリデートなどメディア操作のバックグラウンド処理による自動化により、よりシンプルかつスピーディなファイルベースのワークフローを提供します。
また、Interplay SphereがWindowsに加えMacにもフルサポートしたことで、どこにいてもリアルタイム制作が可能なリモート環境を支援します。
このセミナーでは、NAB 2013で発表された最新のAvidの制作/ポスト・ワークフローをご紹介致します。
16:30-17:00
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
Blackmagicdesign NAB 2013 新製品のご紹介
ブラックマジックデザイン

ATEM Production Switcher 4KやBlackmagic Production Camera 4Kなど、6G-SDI / Ultra HD 4K ワークフローを支える製品群、大きな注目を集めた小型シネマカメラのBlackmagic Pocket Cinema Camera、オンセットグレーディング機能や編集機能が充実したDaVinci Resolve 10など、NAB 2013で発表した新製品のハイライトをご紹介いたします。
17:15-17:45
当セッションの予約受け付けは終了いたしました。
ミニマム4K編集とそれに対応した高速ストレージの検証
HGSTジャパン

4K映像制作が今年のトレンドであることは間違いありませんが、本格的に取り組むと技術的にもコスト的にも未だハードルが高いのも事実です。
ここでは高価なグラフィックボードやLog処理等を用いないミニマムな4Kムービー編集のワークフローを考察すると共に、その快適性を左右するストレージの要求性能についてG-Technologyの最新製品をベースに検証、紹介します。
18:00-18:30  
18:45-19:15  

会場へのご案内



入場登録

プライバシーポリシー

個人情報に対する考え方
一般社団法人 日本エレクトロニクスショー協会(以下「JESA」と略称)は、顧客のプライバシーないしその個人情報の取扱について、極めて重要な問題であると考えています。そこで、顧客の個人情報の取扱について次のような基準を定め、個人情報の保護に関し万全を期しています。
個人情報保護ポリシー
個人情報とは、利用者の個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、性別、年齢、住所、電話番号、電子メールアドレス、サービスへのアクセス記録、その他の記述または個別に付与された番号や記号など、その個人を識別できるものをいいます。それには、他の情報と容易に照合することができ、それにその個人を識別できるものを含みます。JESAは利用者の個人情報を適切に保護することが社会的責務と考え、以下の取り組みを推進いたします。
収集目的と利用
JESAでは,このウェブサイトのサービス向上、改善、展示会への入場、コンファレンス聴講予約のための個人情報を収集することがあります。このほかにアンケートや資料請求を目的とした個人情報を収集することもあります。さらに展示会の登録者に役立つプロモーション情報、展示会関連企業の商品やサービスなどの情報を提供するためにも個人情報を収集いたします。JESAはこれらの目的の範囲内でのみ利用者の個人情報を利用させていただきます。
第三者への提供
このウェブサイトで収集した個人情報を第三者に提供することはありません。ただし、個人情報保護の体制を整備した協力企業との間で厳密な個人情報保護の契約を結び、収集した利用者の情報処理を委託することがあります。また展示会会場入口、コンファレンス会場入口、会場内の各出展者(企業・団体)ブースにて入場時に必ず携行していただく、入場証に記載されたバーコードを読み取らせていただきます。この時ご利用の皆さまの個人情報を該当する出展者(企業・団体)とJESAにて共有させていただきます。それにより後日出展者(企業・団体)より各種のご案内がメールや郵送で届く場合がございますので、あらかじめご了承ください。さらに、このウェブサイトや 各展示会会場の利用者の各統計データを、個人が識別できない形で関連企業に提供することがありますが、これは個人情報の提供ではありません。
クッキーやIPアドレス
各展示会 のサイトにおけるクッキーとは、利用者がこのウェブサイトにアクセスしたときに、サイトから利用者のパソコンにアクセスの記録などの情報を送り、次回のアクセスのときに利用者のパソコンがその情報をこのウェブサイトに自動的に送り返す仕組みです。このウェブサイトでは、クッキーの情報を使って個々の利用者ごとにカスタマイズしたサービスを提供したり、アクセス数の集計を行ったりします。また、IPアドレスはインターネット利用者のパソコンを特定するために割り振られる数字で、インターネットを利用するために自動的に利用者のパソコンからこのウェブサイトに送信されます。このIPアドレスがなければインターネットを利用することはできません。このウェブサイトでは統計データやウェブサイトの利用状況を調査するために利用者のIPアドレスを収集しますが、利用者を特定するデータと結びつけて利用することはありません。ただし、JESAの正当な法的権利への侵害・干渉およびその可能性がある場合を除きます。
利用者の権利
このウェブサイトへの個人情報の提供は利用者の任意であって、それを提供しないこともできます。ただし、その結果、一部のサービスを受けることができなくなることがあります。JESAはご利用の皆さまから申し出があったときは、該利用者に対する情報配信やサービス提供を停止し、登録抹消の場合は個人情報をデータ・ベースから削除します。また、ご利用の皆さまに関する情報を提供した出展者(企業・団体)に対して、速やかに同様の措置を取るよう要請します。電子メール配信に関する登録の変更やその他の登録の抹消方法については、各サイトの案内ページをご覧になるか、専用のメールアドレスまたは専用ホームページ宛にお問い合わせ下さい。
安全性
利用者の個人情報についてその安全性を確保することは、JESAおよび当ウェブサイトの重要課題です。このウェブサイトでは不正アクセス、漏えい、改ざん、破壊などから利用者の個人情報を守るために十分な安全対策を講じています。利用者のパソコンからこのウェブサイトに信号が届くまでの過程についてはこの対策がおよびません。利用の皆さまご自身で安全を管理していただきますようお願いいたします。
当ウェブサイト以外のウェブページへのリンクについて
JESAは、当ウェブサイト(http://www.jesa.or.jp/)のウェブページにリンクされている他(事業者または個人)のウェブサイトにおける利用者の個人情報などの保護について責任を負うものではありません。
このウェブサイトをご利用いただく利用者は、この個人情報保護方針に同意いただいたものとみなします。
個人情報保護に関するお問い合わせ
個人情報保護に関してご質問などがある場合は、下記にご連絡下さい。
一般社団法人 日本エレクトロニクスショー協会
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル 5階
電話:(03)6212-5231  FAX:(03)6212-5225

Webサイトからのお申し込みは終了しました。
聴講をご希望の場合は、当日会場へお越しください。